和紙って強い

和紙の生地やスカーフを展示すると必ず質問されるのが

「どうやって洗濯するんですか、紙だから洗えないでしょう。

とけるでしょう?と聞かれます。」

「紙幣も和紙ですよね?洗濯物と一緒に洗った事ありませんか?と聞くと、あ~そうだよね」とかえってきます。

染色加工の人も「撚糸のかかった和紙織物だと温度を

上げると和紙が、ばらばらになって崩れてしまうけど

オリケンのは温度を上げても問題がないふしぎやな~」と

言われます。風合いを作るときは温度が必要らしいのです。

タオルとして使っても普通のタオルの3倍くらい持つよ!と言われます。

タオルやストールで使って次は枕カバー次は足ふきマットと、いったい何年使うの

でしょうか?長持ちするのも考え物ですが?

                       岡田 功