和紙の良い所を凝縮したNekiro!

ネキーロ(Nekiro)とは?

和紙とレーヨン・綿(環境循環繊維)が素材の土に還る生地Nekiro!

和紙を撚糸(こより)しないで織り込むことで実現した柔らかさ!

弊社オリジナルテクノロジーです。

繊維製品検査機関の検査で洗うと抗菌性・防臭性が増す

結果が出ています。

SDGs対応繊維です。

 

 

和紙の生地やスカーフを展示すると必ず質問されるのが

「どうやって洗濯するんですか、紙だから洗えないでしょう。

とけるでしょう?と聞かれます。」

「紙幣も和紙ですよね?洗濯物と一緒に洗った事ありませんか?と聞くと、あ~そうだよね」とかえってきます。

染色加工の人も「撚糸のかかった和紙織物だと温度を

上げると和紙が、ばらばらになって崩れてしまうけど

オリケンのは温度を上げても問題がないふしぎやな~」と

言われます。風合いを作るときは温度が必要らしいのです。

タオルとして使っても普通のタオルの3倍くらい持つよ!と言われます。

タオルやストールで使って次は枕カバー次は足ふきマットと、いったい何年使うの

でしょうか?長持ちするのも考え物ですが?

                       岡田 功

和紙織物に係り15年経ちました。

私たちが始めた時で和紙の織物が

誕生して30年ほどたっていました。

皆さん和紙に撚糸を掛けていました。

当初スリットのままで和紙を購入したいと言うと売って頂けませんでした。

織れなかったときにクレームを掛けるだろうと言われました。

ノークレームで先払いの条件でお願いし

やっとスタート出来ました。

和紙に撚糸を掛けるとどうしても固い織物になります。そこで和紙を薄くし細くカット

してゆるい撚糸を掛ける方向に行ってるようです。弊社は無撚糸でスタートしているのでお買い求めいただいたお客様から、こんなに柔らかい生地は見たことがない、またすぐに乾くので暑いときには重宝していますと言われす。

撚糸を掛けるのと、掛けないのと差がこんなにも大きいとは、思いませんでした。

また抗菌試験では原布より10回洗濯後の方が生菌活性値が上がり抗菌性が増します。

本当に不思議です。

                       岡田 功

 

 

抗菌消臭ホルムアルデヒド試験結果 抗菌剤は浸けていません!

Nekiro" New cloth with rayon・Cotton and washi(Japanese paper) developed by ORIKEN

Nowadays, we see artificial materials everywhere, for example many and various kinds of plastics and synthetic fibers.
These help our daily life conveniently, however in a flood of such products, we are blind to the beauties and preciousness of nature.
It is a cue to think "return to nature" !
To remind everybody about wonderful products of nature, we got an idea to develop new cloth woven with natural materials, rayon and washi.
Rayon is well known material made from natural cellulose (carbon hydrate).
Handmade washi is made from bark of some kinds of tree, Manila hemp is used for machine-made washi.

Washi products can be found everywhere, quality letter paper, interior decorations like wall paper, lamp shade, sliding doors in Japanese rooms, etc.
Fiber of washi can hold moisture, so that it can keep ambient humidity properly by absorbing and emitting moisture like breathing.
Additionally, odor is dissolved by the moisture in the fiber.

After long weaving trial we have achieved to get comfortable feel of the fabric, and named it Nekiro.
It is woven with rayon as warp and rayon/washi alternately as weft.
The weft washi is supplied as narrow tape of various width depending on the products, and is inserted as it is, not twisted (!).
This exclusive weaving technology gives the cloth gentle and smooth feel and harmless to human skin and good finish if dyed.
Such merit motivated some clothing companies recently to introduce Nekiro for various apparel.

Because of the natural material, it doesn't cause any environmental destructions at disposal.
Washi in the cloth is not weakened by washing if washing machine is used (select "soft" or similar program).

are expecting our Nekiro mWe akes all the people in the world smile !
Try its gentle and smooth feel !!

Thank you.

Chiyoko KAMEI
ORIKEN Co., Ltd.

オリケン株式会社とは?

能登地方の小さな織物会社「オリケン株式会社」

Nekiroは私たちが作っています。

 

営業に行っても

「和紙はもういい」と言われ門前払い!

なんとか柔らかくならないか?と開発が始まり

無撚糸(こよりにしない)で織る事にして

2年の歳月がかかりましたがネキーロ(Nekiro)

が誕生しました。

 

抗菌防臭効果があり和紙織物とは思えない柔らか さと優しさが有ります。

弊社の亀井はテキスタイルの中では珍しい女性の社長です。女性ならではの感性で生地を作っています。

優しさにあふれたNekiro是非手に取って頂ければ幸いです。

 

オリケン株式会社

 代表取締役 亀井 千代子

       岡田  功